NEWS一覧

NEWS一覧

2022-04-01

 令和4年4月1日付けで、地球温暖化対策の推進に関する法律の一部を改正する法律が施行されました。企業の脱炭素に向けた前向きな取組が評価されやすい環境を整備するため、今年度報告分より、温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度(以下「本制度」という。)における開示請求制度が廃止されます。
 これにより、本制度において報告された情報のうち、これまで開示請求により開示していた事業所ごとの排出量等の情報は、開示請求手続きによることなく全て公表されます。
 開示請求制度の廃止は、令和4年7月迄に報告を行う令和3年度実績の報告内容から適応されます。令和2年度実績より以前の報告内容については、引き続き開示請求の対象となります。
 なお、本制度においては、特定排出者が報告した排出量等の情報が公表されることにより、権利利益が害されるおそれがあるときは、事業所管大臣に対し、権利利益の保護に係る請求を行うことができます。
 権利利益の保護に係る請求に関する審査基準については、以下URLを御確認下さい。https://ghg-santeikohyo.env.go.jp/claim/law21_3kijun

2022-03-18

平成30年度排出量の集計結果を掲載しました。

2022-01-21

算定・報告マニュアルVer.4.8を掲載しました。改定内容は、主に調整後温室効果ガス排出量の調整方法を定める告示の改正に伴う内容です。改定内容の詳細は改定履歴をご参考下さい。https://ghg-santeikohyo.env.go.jp/manual

2022-01-13

調整後温室効果ガス排出量の調整方法を定める告示が改正されました。これにより、令和3年度実績排出量の報告(令和4年度7月末期限の報告)より、吸収された温室効果ガスの吸収量として 認証された国内認証排出削減量の移転量は、調整後温室効果ガス排出量の加算分から除外されることとなりました。 詳細は環境省の報道発表をご参考下さい。なお、算定・報告マニュアル等は随時更新を行います。 ■「調整後温室効果ガス排出量を調整する方法の一部を改正する件」の公布及び意見募集(パブリックコメント)の結果について https://www.env.go.jp/press/110400.html

2022-01-07

電気事業者別排出係数一覧(令和2年度実績)を公表しました。https://ghg-santeikohyo.env.go.jp/calc

2021-09-10

2021年9月13日(月)に開催した「温対法改正を踏まえた温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度検討会」に関する情報を掲載しています。詳細は【説明会・検討会】メニューの【検討会】から閲覧可能です。https://ghg-santeikohyo.env.go.jp/discusses

2021-03-16

平成29年度排出量の集計結果を掲載しました。

2021-02-02

算定・報告マニュアルVer.4.7を掲載しました。改定内容は、主に押印廃止に伴う温対法様式変更に関連する内容です。https://ghg-santeikohyo.env.go.jp/manual

2020-08-31

令和2年度温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度説明動画の配信を開始しました。動画と合わせて説明資料も掲載してますので【説明会】ページからご覧ください。

2020-06-10

算定報告マニュアル(Ver4.6)を掲載しました。