温対法改正を踏まえた温室効果ガス
排出量算定・報告・公表制度検討会

温対法改正を踏まえた温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度検討会

1. 開催趣旨

地球温暖化対策の推進に関する法律(以下「温対法」という。)に基づく「温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度」は、温室効果ガスを一定量以上排出する者に自らの排出量の算定及び国への報告を義務付け、国が報告されたデータを集計・公表するものである。同制度については、令和3年5月に成立した温対法の一部改正法(以下「改正温対法」という。)の成立により、電子システムによる報告に向けた措置が図られるとともに、事業所ごとの排出量についても開示請求の手続なく公表することとされた。

今般、改正温対法を踏まえたデジタル化・オープンデータ化のための方策や、令和2年12月の「地球温暖化対策の推進に関する制度検討会」の取りまとめ等を踏まえた任意報告の拡充等について検討することを目的として、「温対法改正を踏まえた温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度検討会」を開催する。

2. 開催状況等

【第1回】令和3年9月13日(月)15:30~17:30

YouTubeにて公開 ※Web開催

資料

資料1:

温対法改正を踏まえた温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度検討会 委員等名簿

資料2:

温対法改正を踏まえた温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度検討会 開催要領

資料3-1:

温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度をめぐる最近の動向について

資料3-2:

報告の電子化の取組状況及び今後の方向性について

資料4:

公表データの活用促進に向けた方策について

資料5:

任意報告の拡充について

※17ページに誤りがあったため修正(令和3年9月15日)

議事録

【第2回】令和3年11月18日(木)14:00~16:00

YouTubeにて公開 ※Web開催

資料

資料1:

温対法改正を踏まえた温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度検討会 委員等名簿

資料2:

報告の電子化の取組状況及び今後の方向性について(改定版)

資料3:

公表データの活用促進に向けた方策について(改定版)

資料4:

任意報告の拡充について(改定版)

資料5:

算定・報告・公表制度の改善に向けた当面の取組(案)

参考資料1:

温対法改正を踏まえた温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度検討会(第1回)議事録

参考資料2-1:

第1回検討会に関する日本経済団体連合会からの御意見

参考資料2-2:

第1回検討会に関する日本商工会議所からの御意見