このウェブサイトでは
地球温暖化対策の推進に関する
法律に基づく「算定・報告・公表制度」に
関わる情報を提供いたします。

重要なお知らせ

報告書作成支援ツールの脆弱性について

平成29年5月18日まで本ページに掲載しておりました報告書作成支援ツールのインストーラに脆弱性があることが判明しました。
対象となるツールをダウンロードされた皆様におかれましては、念のためコンピュータのウイルスチェックの実施をお願い致します。
お手数・ご心配をおかけし、誠に申し訳ございません。

なお、現在脆弱性への対処を行った報告書作成支援ツールver3.04を掲載しております。
報告書作成支援ツールのダウンロードは下記ページからお願いします。

NEWS

2019-07-22

電気事業者別排出係数を更新しました。電気の使用に伴う排出量の算定時には、報告書を提出する時点で最新の係数をご使用下さいますようお願い致します。

2019-07-18

算定報告マニュアル(Ver4.4)を掲載しました。https://ghg-santeikohyo.env.go.jp/manual 今回のヴァージョンアップは「H30年省エネ法改正」に伴うもので、当制度における算定方法や提出方法等に変更はありません。

2019-06-10

2019年度全国説明会の資料を掲載しました。https://ghg-santeikohyo.env.go.jp/about/document

2019-05-27

令和元年7月提出用の作成支援ツールの公開を開始しました。今年度から新しい様式となりましたので、既にツールをお使いの場合も一度アンインストールを行ってから新しくダウンロードを行ってください。公開が遅くなりご迷惑をお掛けいたしました。

2019-05-21

2019年度説明会の開催案内を下記WEBサイト※に掲載しました。説明会への参加をご希望される方は下記WEBサイトよりお申込みください。                            ※本説明会の事務業務は、環境省からエム・アール・アイ リサーチアソシエイツ株式会社に委託し実施しております。下記WEBサイトにアクセスすると同社のWEBサイトへ移動します。             https://www.mri-ra.co.jp/event/2019/05/ghg.html

温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度とは

地球温暖化対策の推進に関する法律(温対法)に基づき、平成18年4月1日から、温室効果ガスを相当程度多く排出する者(特定排出者)に、自らの温室効果ガスの排出量を算定し、国に報告することが義務付けられています。

このウェブサイトでは、排出量算定・報告方法から集計結果まで算定・報告・公表制度に関わる情報を提供いたします。 

温室効果ガス排出量算定方法

温室効果ガス排出量 活動量 × 排出係数

Q&A